binlyレザーローション

ブランドバッグのお手入れが、なんと自分で出来ます。軽々ときれいに!

次の文章で、どのバッグのタイプの効果が一番いいか、手入れの仕方、そしてどの部位は強化処理ができるのかなど、使い方や、アイテムをご紹介します。詳しく内容をご閲覧下さい。

 グッチのキャンバス地は染色された洋服の生地が、摩擦によってバッグの表面に染まってしまい汚れが目立ってしまいます。また、カジュアルのデザインが多く、使い方によっては汚れやすい素材とも言えます。頻繁に使用していくと、生地の材質が柔らかくなり、見た目も汚く見えてしまいます。 汚れの範囲によりますが、まずはソフトタイプの歯ブラシを濡らして、binlyレザーファブリッククリナーを吹き付けてから、円を描くようにまんべんなくブラッシングして下さい。この時、泡が出るのは正常ですが、水気が足りないようであれば、もう一度歯ブラシを濡らして下さい。シミが薄くなってきたら少し時間を置いて、表面が乾いてきたら様子を見て下さい。半乾きの状態で、まだ汚れているようであれば、完全に汚れが取れるまで、先ほどの作業を繰り返して下さい。

ルイヴィトンのモノグラムシリーズは、発表の年によって色合いが違ってきます。新品のバッグも中古のバッグでも、簡単な方法でオリジナルの色合いを維持することができます。binlyレザーローションをスポンジに何滴か落として円を描くように拭けば、レザーの光沢や色合いなどが鮮やかになって来ることが分かります。ほかの素材のバッグにもご使用頂けます。光っているだけでは、コーティングされているとは言えないので、レザーの毛穴の奥深く、微細なところまで潤いを浸透させるようにして下さい。binlyレザーローションは先に皮革の表面に膜が形成され、薄い光沢が現れます。更に円を描くように拭けば、皮革の光沢がよりいっそう輝きます。

台湾の気候の湿気による酸化で、バッグのアクセサリー金具の光沢が失ってしまいます。今までは専用の布で金具を拭いてましたが、今はもっと簡単な方法があります。binlyレザーローションをコットに少しつけて、同じ方向で少し力を入れながら拭いて下さい。けして往復に拭いたり、皮革と金具を同時に手入れは避けて下さい。ルイヴィトンのヴェルニは指紋がつきやすく、専用の布は付属されているものの、いつでも持ち歩いて随時拭くわけにはいきません。そこで、binlyレザーローションを使えば、表面にコーティングができ、プリントや染色を避けられるだけでなく、雨水や指紋で汚れがつくことを防ぐことができます。

binlyレザーローションが使える範囲は広く、ブランドの財布類など、布生地から、皮革生地や特殊加工の素材まで、どれにでもご安心してお使い頂けます。外側のコーティング層から皮革の金具、そして内側の皮革には是非ご使用頂きたいです。そうすることによって、皮革の強度が強くなり、もっと使いやすくなります。そして、高級羊皮製品は、binlyレザーローションを使う後の皮革の変化をはっきりと感じて頂けると思います。使う量は少しで十分です。たとえ、皮革にキズ跡、色落ち、乾燥などでの亀裂や、摩損、色褪せやカビあっても、トラブルが起きている部位や錆かかっているファスナーなどにローションをご使用頂ければ、皮革や金具は輝きを取り戻し、ファスナーもとても使いやすくなります。

高級ブランド腕時計や貴金属、腕時計の革バンド、キャンパス生地ベルト等

各素材のブランドバッグの手入れが自分で出来るので、節約効果が半端ないです。

购物车

登入

登入成功